指輪とドレスの保管方法

カテゴリー Uncategorized

大切な結婚指輪は、次の世代へと受け継がれることがあります。その日が来る時のために良好な状態を維持したいものです。しかし、宝石は非常に繊細ので石による弱点と治療方法を知っておくことが重要です。まず、使用するたびに治療をする習慣をつけましょう。
クリーニングはすべての宝石に使用手入れの基本です。ダイヤモンドさえ習得頻度が多ければ汚れたり塊の部分に傷が出たりすることもできます。リングをつけたまま家事をするのも、汚れの原因になるので注意。それぞれの石に適したクロスも販売しておりますので、一日の終わりにリングを抜いてから清掃をするように心がけましょう。
石の中に砂やほこりに傷がついてしまうこともあります。洗浄に使用するクロスに砂やほこりが付いていれば、知らない間に石を損傷することがあります。砂は硬度7の石英が混ざっているので、これより高度が低い真珠とムーンストーン、オパールなどは傷がつきやすいということです。で洗浄する前に、必ずクロスチェックしましょう。
エメラルドとトパーズ、ペリドットなどは軽い衝撃でも石にひびが外れたりすることができますので、気をつけましょう。他の宝石と一緒に保管する場合には、硬度が引く石を一緒にしないようにしてください。それ以外の場合、硬度が低い岩に傷がつく恐れがあります。

次に、ドレスですがよく着ないドレスなので、次にまた美しい状態で着ることができるように大切に保管しておく必要があります。それなりの方法で保管していることが多いのですが、保管方法を間違って問題が発生する可能性があります。気を付けたいのはカビです。クローゼットや保管場所の換気が確保しないとカビが生えます。レース部分を黄色と黒に変色してしまいます。一度発生したカビは、通常、洗浄は簡単に削除することが困難です。
色鮮やかなドレスと一目でカビとわかってしまいます。次にシミです。クリーニングから戻ってきた後、ビニールをかけたまま終了の場合が多く、シミを作ってしまうことができるのです。カビだけでなく、ビニールで通気性が悪くなってシミの発生を促進することになります。そしてドレスラインの崩壊も気を付けなければなりません。
クリーニングから帰ってきたら、ハンガーに掛けた状態になっています。ショルダーストラップ(肩ひも)がついたドレスハンガーに吊り下げ(個)している状態と線が崩れてしまうこともあります。ショルダーストラップ(肩ひも)の薄いドレスは横に白い補助ひもを一緒にしています。美しいラインを維持するために補助ひも(紐)を使用して保管するようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です