羽織物のドレス

カテゴリー Uncategorized

結婚式のドレスにつきものなのが、ボレロ、ストールに代表される羽織物です。過度な肌の露出はマナー違反となる結婚式では、肩や胸回りの露出を抑える役割を担っていますし、また夏場など空調の効いた会場では防寒の役割を果たしてくれます。また、ドレスの色と羽織物の色とのコントラストをつけることで、全体としての雰囲気を大きく変える役割も果たしています。ただし、真っ白なボレロやストールはなるべく避けた方がよいでしょう。たとえドレスに色がついていたとしても、座ってしまうと上半身しか見えず、白いドレスを着ているかのように見えてしまうかもしれないからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です