ウェディングドレスを選ぶときに気を付けたいこと

カテゴリー Uncategorized
ここまでパーツからドレスを選ぶ方法について詳しく説明してきました。
悩んで決めかねていた方も、けっこう選びやすくなってきたのではないでしょうか?
この章では最後に、ウェディングドレス選びの注意点についてお話ししていきます。
ドレスにはさまざまなラインやパーツがありますが、式場(会場)によっても向き不向きがあります。
狭い式場なのに動きづらい大き目のドレスを着てしまうと、いろいろと残念なことになってしまいかねません。
自分の出る式場とドレスがマッチしているかどうか一度確認しておくのが賢明です。

①式場があまり広くない場合
こじんまりとした教会やレストランウェディング等、あまり広さに余裕がない場合はマーメイドラインやエンパイアラインがおすすめです。
この2つならスカートが広がりすぎて引っかかる心配もないですし、比較的動きやすく、式中も安心して過ごせますよ。

②式場が大きめの場合
大聖堂や天井高めの広いチャペル等、式場が大き目の場合は、プリンセスラインやAラインを選ばない手はありません。
式場に広さがあれば、スカートがふわふわと大きく広がるタイプのドレスでも、じゅうぶんに対応できます。

③屋外で挙式する場合
教会やホテル・専門式場ではなく、屋外で式を挙げる方もいると思います。
特にガーデンウェディングでは芝生や地面を歩くことになるので、足元がかさばってしまうようなドレスは向きません。
広がりの少ないエンパイアラインや、丈の短いドレスがおすすめです。

以上、ドレスを選ぶときの注意点について3点ほどお話ししました。
ウェディングドレスを選ぶときは、式場の雰囲気や規模にマッチしているか念入りにチェックしておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です