長引く不況の影響でビール1杯数百円、おつまみ1品三百円程度で飲める居酒屋や立ち飲み屋は、夕方ともなれば会社帰りのサラリーマンで溢れかえっています。デパートの食料品売り場は従来の購買層に加え、家飲みの肴を買い求める若者や女性グループで盛況です。「お酒は飲みたい!でも、お金は出したくない!」というホンネが聞こえてきそうです。

そのような状況の中で、サラリーマンが1回のパーティーに支出する金額は、いくらかご存知ですか?三千円前後が平均といわれています。つまり、通常のパーティーでは三千円が参加の可否や満足度を決める1つの目安になり、接待などのパーティーでなければ三千円がひとりあたりの予算の目安になります。また、別のいい方をすれば、三千円前後の参加費を支払う飲み会には、当然それなりの期待がかかっているというわけです。

参加費が極端に安いのであれば、料理が少々まずかろうが、お酒の種類が少なかろうが、店員のサービスが悪かろうがあきらめがつきます。「あ〜、参加費安かったから仕方ないよな」と。そもそも参加しようと決めた時点で、たいして期待はしていないはずです。しかし、三千円となると誰でも一度は経験をしたことがあるのではないでしょうか?充実した料理で「これで三千円!」と驚いたことや、あきれる料理で「これで三千円・・・・」と腹を立てたことが。どうですか? 二千円って判定ラインになっていると思いませんか?

ときどき、幹事の価値基準で会費を決めている場面を目にします。Aさんが個人的に利用するお店は、いつも1回あたり五千円クラス。料理も雰囲気もいいお店が好きなAさんは、自分もパーティーを楽しむためには五千円は必要です。逆に別の幹事Bさんが利用するお店は、二千円でお釣りがくるクラス。Aさんの1回五千円は信じられません。さあ、幹事AさんとBさん、どちらが参加者の満足を引き出すことができるでしょうか?結果は、おそらくどちらもノーでしょう。

私は1本八十円の煙モクモクの焼き鳥屋も行きますし、1本千円のお酒落な焼き鳥屋も行きます。しかし自分が幹事をするときは、どちらのお店も選びません。参加者の満足が引き出せないことを知っているからです。会費を決める際は、自分の価値観を押し付けるのではなく、参加者目線で決めることが大切です。ボーナスや給料日のあとなどなら、いつもよりも少しだけ会費を高くすることがあってもよいかもしれませんね。

ところで接待の場合の予算はどうでしょうか?私が秘書をしていた会社では、業務上の接待の予算は一人一万円前後でした。そのほかにお土産代として一人三千円程度。これは社内規定に抵触しない金額の目安です。会社規模や業界ごとに上限の範囲はあると思いますので一概にはいえませんが、通常は、一店舗でひとりあたり五千円〜1万五千円の範囲でセッティングすることが多いようです。またこの範囲の金額だと、接待される側も気持ちよく受けることができます。極端に高額だと、逆に何か企てがあるのではないかと不信を招くことにもなりかねないので、ただ高ければよいというものでもありません。