プリンセスラインは、ウエスト部分で裁断せず、上下一続きになったシルエットのドレスで体系を問わずゴ―ジャズに演出できます。 19世紀末にイギリスのエドワード7世婦人である、アレクサンドラ王女が皇太子妃時代から好んで用いたことに由来して「プリンセスライン」と呼ばれるようになりました。 上半身はウエストまでフィットして、体系をカバーしてくれてウエストから下はフレア状に広がります。プリンセスラインはフレアのパターンも豊富で、華やかでキュートな雰囲気が演出できるため、女性から長く愛されてきた人気のドレスです。 上半身はきゅっと引き締まるので、体型を問わずウエストラインを細く見せる効果があります。 ちなみに、プリンセスラインでAラインのドレスもあります。 それはAラインがドレスの形を意味するのに対してプリンセスラインは本来縫い方を意味するからです。 ロマンチックな雰囲気の中、ゴージャスに着こなしたいときはこのドレスを選ぶといいでしょう。